おいかわ司法書士事務所について

事務所 方針

■当事務所ではご依頼の案件についてご相談者の皆さまと共に考え、共に解決を目指します。

■ご相談者の方に十分なご説明のもと、ご納得頂いた方法にて手続を支援します。

■当事務所では、以下の業務に力を入れて取り組んでいます。

・交通事故に関する示談交渉・裁判の支援

・敷金清算、原状回復、そのほかの賃貸借契約に関するトラブル解決

・高齢者の支援(成年後見)

・不動産取引の支援

■その他の業務

・ご自分で行う訴訟の支援

・少額事件についての代理人としての支援

・悪質商法の被害救済

・インターネットトラブルの解決の支援

・相続・遺言などについての支援

メッセージ

oikawa2おいかわ司法書士事務所のホームページをご覧いただきまして、ありがとうございます。

司法書士になって初めて取り組んだのは、なんと「自分の賃貸アパート」の敷金返還でした。
当時の福岡は敷金が高額で、家賃の4~5月分など当たり前の時代。そしてその高額な敷金が、退去の際にはほとんど戻ってこない…。
そんな現状に「これはおかしいんじゃないか」と疑問に思ったのです。

事務所を開設以来、多くのご相談者に関わってきました。
皆さまのお話を聴くときでも、自分の事案のときに感じた「これはおかしいんじゃないか」という疑問を忘れることなく、ご相談に来られる皆さまと同じ目線で考え、皆さまの良き相談相手となれるよう、心がけています。
お困りの際は、お気軽にご相談ください。

沿革

2002年司法書士登録・おいかわ司法書士事務所(司法書士及川修平)開設。

2011年福岡市中央区大手門1-8-16大手門TOPビル501 へ移転。

2016年福岡市中央区大名1-9-27第一西部ビル303 へ移転。

所属

福岡県司法書士会
公益社団法人成年後見センターリーガルサポート
福岡敷金問題研究会
賃貸住宅トラブル全国ネットワーク

著書

『不動産賃貸借の課題と展望』 (共著) 商事法務出版

新着情報

2017年11月20日
私有地の道路は勝手に通行できるのか? (不動産の取引について)
2017年10月30日
台風で瓦が飛んで発生した被害は誰が弁償する?(司法書士及川修平) (不動産の取引について)
2017年03月30日
公平とは何か賃貸経営セミナーから考えてみる (及川修平 司法書士) (不動産の取引について)
2016年10月31日
賃貸マンションで孤独死があったとき相続人や連帯保証人がするべきこと (不動産の取引について)
2016年08月01日
住宅リフォームで残念なビフォーアフターとならないための注意点 (不動産の取引について)
PAGE TOP ↑